過去の掲載文です。どうぞ!ご覧下さい

冷え性がつらい時期に・・・

Q:冷え性で悩んでいます。学生時代からだんだんつらくなって、11月になると特に足下が冷えて痛いようです。夜寝るとき、靴下をはいても冷たくて寝られません。
生理痛も我慢できません。効果のある漢方薬はありませんか?



A:漢方では、冷え性を様々なタイプに分けて考えます。つめたい外気に当たると寒くて仕方がないというタイプには、「黄耆建中湯」を勧めます。このタイプで胃腸虚弱であれば「補中益気湯」を処方します。下腹が冷えて生理痛も重い場合は、「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」。腰を中心に下肢が冷える場合は、「海馬補腎丸」が良いでしょう。頭が冷えると言う人には、「参茸補血丸」があります。

お問い合わせの足先の冷えについては、「血」を温めて循環をよくすると言う立場から「当帰養血精(婦宝当帰膠)」をお勧めします。漫然と「当帰芍薬散」を続けているケースも見られますが、1ヶ月で効果がなければ、処方を考え直す必要があると思います。薄着で体を冷やすような飲食物をとり続けるのもやめましょう。

【黄耆建中湯】胃腸を温め、風邪を引きにくくするキバナオウギの根が含まれる。
【補中益気湯】胃腸の働きを高め、免疫力を調整する人参が含まれる。
【当帰四逆加呉茱萸生姜湯】ミカン科の呉茱萸の実を含み、作用は強い。 
【海馬補腎丸】精力減退や女性の冷感症にも効果が期待できる。
【参茸補血丸】人参の他、シカの幼角を含み、体をしんから温める。
【当帰養血精】女性用の漢方・当帰を濃厚に含む。
【当帰芍薬散】体内の水のよどみを取り除き、当帰で温める古典的な処方。

疲れが取れずに、元気がでません。

Q:夏の疲れか、年のせいか、ここのところ、疲れやすく、疲れが取れずに、元気がでません。女房にもあきれられて、いろいろ強壮剤を試しましたが宣伝ほどではありません。漢方で勧められるものはありますか?先生の言う唇の色が暗く舌にヌルヌルした苔があります。



A:粗食の勧めという本が売れていると聞きます。日本の風土に合わない栄養過多の西洋風の食事によって、本来の元気さは発揮できません。日本で伝統的に食べられていた粗食をすると現代病の多くが改善に向かうようです。
お尋ねの精力剤や強壮剤は、漢方で言う「精」の不足を補う補剤に属しています。ところが、「汚れた皮袋に、新鮮な酒を入れる」のと同じように、体内に邪気による滞りがあると、単純に補剤を用いても効果は発揮しにくいものです。それどころか、場合によっては害になる事さえある。

モノの豊かな時代に生きる現代人と、栄養の不足しがちだった昔の人とは、体質が大きく違うと考えられます。今の日本では、栄養不足よりも、食べ過ぎ・運動不足・ストレスの蓄積などによって健康を損なう事の方がずっと多いと思われます。
この場合、補うより、邪魔な物を取り除いて停滞している気・血・津液の流れを助けるような治療法(瀉法)が必要です。「古井戸に詰まる落ち葉を取り除けば、おのずから清らかな水が流れ出す」というのは、このことです。

気の滞りを解消しストレスを和らげる逍遥散、血の滞りを解消し血液サラサラにしてくれる冠元顆粒、水湿の停滞を取り除きぶよぶよの身体をすっきりしてくれる温胆湯などが勧められます。
「埃を払った机に花を飾る」ならば、向かうところ敵なし、元気に生活をエンジョイできるようになると思います。


大腸ガン手術後の体力回復に良い漢方は

Q:私の主人は53才です。先日大腸がんが見つかって、10日後に手術を受ける予定です。漢方でなにか体力回復に良いお薬はありますか?



A:ご存知のように、肺がんと並んで大腸がん・乳がん・子宮がんなどが、恐ろしい勢いで増えています。三大療法(手術・放射線・抗がん剤)の前に早期発見が叫ばれていますが、その前に生活環境を見なおして、がんが増える原因を解決する必要があるとおもいます。
まず、外科の先生から今飲んでいる薬を休むように言われるまで手術に耐える体力を付ける漢方を飲んでおきます。最近では大きな病院でも、積極的に漢方をとり入れています。代表は「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」です。

手術後、飲食が許されたら、漢方薬も再開です。中国では「田七(でんしち)」という、雲南省でとれる人参の一種を、傷の回復を早めるために必ずといって良いほど使います。体力回復のための漢方薬は「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」です。

退院後、なかなか体調が戻らない人もいます。身体がだるい、食欲が出ない、良く眠れない、などさまざまです。漢方薬は傷つけた身体のゆがみを整えて症状を治していくので、安心して飲むことができます。経験豊かな信頼できる、医師や薬剤師などに相談すると良いでしょう。

便通が整わなくて、中には腸閉塞を繰り返す人もいます。「大建中湯(だいけんちゅうとう)」が良く使われています。これを細く長く持薬として飲んで、食べ過ぎ飲みすぎ疲れなどから、「ちょっとあぶないな・・・」というときに「柴胡疎肝散(さいこそかんさん)」のせんじ薬を飲んで、大過を逃れている人が何人もいます。試されるのも一つの方法と思います。


虚弱体質に効果のある漢方薬は?

Q:元々、体が弱く冬は風邪をひきやすいのですが,夏には暑さ負けをしてしまいます。とにかく身体がだるく、食欲がなくなり、クーラーの部屋で一日横になっています。時には鼻水やくしゃみが出て、下痢を繰り返します。秋になって10月ぐらいにならないと生きた心地がしません。私がこんなもんですから、子供もだるく夏風邪をひきます。なにか効果のある漢方薬はありますか?



 典型的な夏ばての状態のようですね。現代漢方の考えからすると「お湯」「早朝の散歩」がなによりの薬です。「お湯」を少しづつ飲むと身体の芯に「陰」を蓄える事ができます。例えて言えば、森の地下水のようです。

逆に氷水を一気に飲むと森の木をなぎ倒して砂漠にしてしまうような洪水のようです。胃腸の消化液を薄め冷やし、食欲を落とし食べても力にならず下痢します。自然の大地の表面をコンクリートで覆ってしまった都会では、クーラーは必要かもしれません。でも、朝日が昇る頃に日陰を選んで散歩をし、暑くなる前に一日の仕事を片付け、昼はお寺のお堂や雑木林でお昼寝ができるような自然を取り戻したいものです。(漢方は不自然な生活を補うための物ではないと思います。)「清暑益気湯(せいしょえっきとう)」という処方は、お湯を飲んでもばててしまう場合にお勧めします。

中国の初歩的な文献を見ても3種類の内容の異なった処方が紹介されています。私は医学六要という本に書かれているものが気に入っています。めまいがしのどが乾き手足がだるくて動けない、そんなときでも身体がしっかりしていくのが分かります。残念ながらこれはせんじの処方しかありませんが、近い処方の「生脈散(しょうみゃくさん)」が日本に「麦味参(ばくみさん)」という名前で輸入されたり「生脈宝(しょうにゃくほう)」という呑み易いドリンクタイプになっているものも用意されるようになった。

いずれにせよ、疲れ切ったロバは更に鞭を打てば倒れてしまいます。働き過ぎないように気を付けてください。


慢性肝炎です。肝硬変への進行が心配。

Q.慢性肝炎で悩む53歳の主婦です。73年に肝炎と診断され、その後ウイルスはC型と分かりました。身長162cm、体重68kgで体はだるいです。肝硬変への進行が心配されますが食い止めるような漢方薬はありませんか?



 日本で肝炎の漢方処方といえば「小柴胡湯」を中心とした柴胡剤が主流でした。ところが、中国の大学病院で実際の臨床現場に立ち会い、症例検討会に参加してみると、柴胡剤だけでは、不十分だと分かりました。

近頃の中国では、柴胡剤はほとんど使用せず、むしろ漢方薬「一貫煎」のように回復力を補う薬草が入ったものが主流です。中国の文献では、舌の裏の血管が太かったり、顔にシミができたりする「お血」作用の強い薬草「三稜」「莪朮」を使って効果を上げている症例が見られます。

日本で活躍する漢方治療家や私の経験では、薬草「丹参」などを「一貫煎」に加えるほうが日本人の体質に合っており、肝硬変への進行を遅らせ、長期にわたる体力維持を可能にしているとの印象を持っています。

【小柴胡湯】半夏(カラスビシャクの根)などを含む。体力が十分にあり発病して間もない時期で、悪寒がしたり熱が出たりわき腹の張る人に勧める。

【一貫煎】クコの実などを含む煎じ薬。自然治癒力を補充する。


胆管がんと言われました。

Q:義理の姉が胆管がんと言われました。病院では,もう、手が付けられないと言われ、一時退院しました。悪くなるのを待っているのではかわいそうなので、兄と相談してプロポリスとアガリクスを始めました。本人もやれる事はなんでもやりたいと言っています。漢方でなにか良い物はありますか?



 まもなく2人に1人ががんにかかる時代を迎えるといわれています。家族で「死生観」も含めて話し合っておく事は非常に有意義と思われます。

さて、がんに効く漢方薬という質問ですが、自己治癒力を高めるという点で非常に期待して良いと思います。川越の帯津良一先生は「生命について人間が知っている事はほんのわずかで、オーソドックスな治療として認められていなくても、その人には効果がある治療法があるかも知れ」ないと思います。ただ、一番大切な事は、患者さんの負担にならないということです。いやがるのを無理やり飲ませたりするのは良くないということです。二番目に他の人に効果があったからといって、誰にでもあてはまるとは限らないということです。

漢方の立場から言うと,単一の薬草でなく複合的な働きを期待している点がより優れていると思います。単一の薬草の抗がん作用だけでなく、その作用が発揮しやすい体内環境を整えることも考慮に入れているからです。高価な健康食品を口から入れても、吸収する本人の力や患部に届かせる機能や効果を生み出す本人の基礎的体質を整えなければ、効果が期待できないばかりでなく、患者の負担にもなりかねません。逆に、漢方で基礎的体質を整えておけば、2倍3倍の効果を発揮してくれるかもしれません。

参茸丸(さんじょうがん) 病院でよく処方される十全大補湯をパワーアップした、中国高貴薬
紅雪冬夏(こうせつとうか) 自己治癒力を発揮しやすくしてくれるチベット医学の高貴薬


20年前から鼻炎で悩んでいます。
Q:
20年前から鼻炎で悩んでいます。3月4月はくしゃみ鼻水で、仕事も手につきません。病院で薬をいろいろ変えてもらいましたが、どれも眠くなって続けられません。
体質は虚弱な方だと思います。食欲はあるのですが一度にたくさんは食べられません。疲れやすく人と同じことをしてもすぐ横になりたくなります。何か体力をつける漢方薬はありますか。



 おっしゃるとうり漢方でも、「虚」と言われる「証」と思います。五臓の「脾」の虚「肺」「心」に及んでいると見ます。つまり、胃腸が弱くて食べたもののエネルギーが、特に、呼吸器系と自律神経系に届かない体質と言う事です。

この鼻炎の時期以外の普段から六君子湯などで胃腸の働きを整える一方、八仙丸などで「肺」を潤し、虚が「腎」に及ばないように予防することが大切と思います。虚が腎に及ぶとは、年齢以上にふけると言う事です.中国では「抗老防衰」といって、不摂生をしないという消極的な健康法でなくより積極的な健康法と言う意味合いを漢方に求め研究してきました。あまり不自然なの(遺伝子操作やクローン人間を使った臓器移植など)も困りますが、食べ物を工夫したり、朝日を浴びながら散歩して、太極拳のあと仲間と談笑するといった、古い中国の長寿法に憧れるのは私一人でしょうか?

本題の鼻炎ですが、身体からの注意信号ですから根本療法としてのそういった体質改善が必要です。対症療法としてくしゃみと透明の鼻水なら「小青龍湯」を、鼻詰まりと黄色い鼻汁なら「辛夷清肺湯」を勧めます。私は和歌山の済生堂という会社の「エンビ」という処方が気に入っています。これら3つの処方はいずれも保険適応になっているので、漢方に理解のあるかかりつけのお医者さんに相談すると良いでしょう。

六君子湯 朝鮮人参を含み、胃腸を丈夫にする。
八仙丸   六味丸に麦門冬(ジャノヒゲの根)などを加えた処方.中国から輸入 されている。


目が異常に疲れて目の奥が痛くなります。

Q:パソコンを使って仕事をすることが増えてきました。年のせいだけでなく、 目が異常に疲れて目の奥が痛くなります。同時に 、腰の痛みや肩のこりにも困っています。何か良い漢方薬はないですか。


小学校の授業でパソコンが使われるようになり、国の予算であちこちで講習 会が開かれているので、これからますますパソコン人口が増えていくと思いま す。そうすると今までオペレーターと呼ばれていた女性だけでなく、ご質問 の中年男性から子供達にまで目の疲れなどが広がっていく可能性があります。 ひどくしない工夫が必要です。

昔から、目の疲れには
「クコシ」が使われてきました。大正のころ、万能薬と して随分はやったと聞いています。土手や畔、いたるところに植えられたと聞 きます。中国でも昔話に次のような話があります。ある町の通りで、30歳を 少し過ぎたと思われる女性が、70歳に手が届きそうなおばあさんをムチで叩 いていました。ご存知のように、中国は年寄りを大切にする国です。その国で 人前でそんなことをすれば、すぐ人が集まり「何をするんだ。やめろ。訳を話 してみろ。」となりました。すると「30過ぎの女性が言うには「実はこれは 私の娘です。ところが、言うことを聞かず代代伝えられた若さを保つ秘法をしな いので、こんなに年寄りに見えるようになってしまったんです。今日はどう しても言うことを聞かそうと思って叩いていたんです。」とのことでした。そ の秘法が「クコシ」を毎日7粒ずつ食べることだったといいます。

薬膳のように少量のお湯でもどして野菜炒めに振り掛けても綺麗です。ま た、35度の焼酎1リットルにクコシ100グラムを2ヶ月漬けて、クコ酒 して飲んでも良いでしょう。
本格的な漢方として
「己菊地黄丸」という処方があります。


指のしびれがうまくなおりません。

Q:昨年冬に自転車で転びました。一週間後指のしびれを感じたので病院で首と肩の治療を受けました。ところが、三ヶ月してもうまくなおりません。どの薬局でどんな漢方薬を買い求めたら良いのか教えて下さい。



自転車での事故も、甘く見ないほうが良いでしょう。私も何度か経験があります。その時にしっかり治しておくべきです。中国伝統医学から考えると、70%はの分野だろうと思います。

30年前の鍼麻酔を例にとるまでも無く、鍼治療にはまだまだ可能性が秘められています。ほとほと困っていらした腰椎ヘルニアの患者さんが泊りがけで一ヶ月を少し回ったところで、まったく痛みとしびれが無くなり、その後3年経っても痛みやしびれが無いという例も見ています。逆に、こういった、外傷性の疼痛性疾患に対しても、漢方が効果的な結果をみているケースも多く見られます。

二人目の赤ちゃんを出産後、慢性の腰痛で困っていた患者さんが、「独活寄生湯」「冠元顆粒」で一週間もしないうちに90%の痛みが取れてしまった例もあります。動かし始めが痛みや痺れが強く、唇や舌の色が暗紅色の場合、血の滞りと捉えて「疎経活血湯」を勧めます。逆に、舌の色が淡く、動かし始めはなんともないけれど、少し動くと痛みやしびれが強くなって、座って休むと楽になるタイプは、血(ケツ)の不足と捉えて「独活寄生湯」「大防風湯」。また、痛みより重だるさとしびれで、雨の降る前など寒さでも悪くなる場合は「?苡仁湯」を勧めます。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)とうき

花粉症で悩んでいます。

Q.五年ほど前から「花粉症」に悩まされています。くしゃみ、流れるような鼻水、目のかゆみが2月から5月初めまで続きます。夜は鼻が詰まって眠れません。二年前、「小青龍湯(しょうせいりゅうとう)」という漢方の粉を2月から7月まで飲みましたが結局、続かず効果 がありませんでした。効果のある漢方はありますか?


「花粉症」と呼ばれていますが、正確には「アレルギー性鼻炎」というようです。漢方をはじめとするホリスティック(全体論的)な立場から言うと、排ガスなどの有毒ガスを中心とする複合汚染による免疫の混乱ととらえています。

見本では治療として「小青龍湯」を続けて使うケースが多いようです。ところが、中国では「症状を緩和」する処方と症状が出ていない時の「体質改善」の処方では違いがあります。

緩和のための処方として、くしゃみと透明の鼻水なら「小青龍湯」を勧めます。目のかゆみを伴うなら「鼻淵丸」を勧めます。鼻詰まりは保険適応の「エンビ」という処方も効果 を上げています。のどのかゆみや痛みを伴う場合は、「銀翹解毒丸(ぎんぎょうげどくがん)」という丸薬を合わせるのも方法です。
体質改善の方法として、胃腸虚弱でアトピーやぜんそくを伴ったり、風邪を引きやすく疲れやすかったりする場合は、「補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 」を勧めます。さらに、皮膚がたるみやすいタイプには「参茸丸(さんじょうがん)」を症状が治まってから続けます。その場合、夏になるべくクーラーの風邪を受けないようにして、乾布摩擦を励行しましょう。

「小青龍湯」  半夏(はんげ)を含み、薄いたんのでるぜんそくにも応用できる。
「鼻淵丸」   菊花を含み、頭がぼんやりする場合にも使える。
「銀翹解毒丸」 金銀花を含み、炎症を抑える効果 がある。
「補中益気湯」 黄耆を含み、様々な虚弱体質の改善に勧められる
「参茸丸   鹿茸を含み、免疫系の安定に強い効果 があると注目されている。

 

●quote from 2000.2.5 gunma yomiuri